老眼を進行させない為に|初期症状をしっかりチェック

文字が見づらくなったら

眼鏡

遅かれ早かれ皆がかかるといわれる老眼ですが、初期症状を感じた時点で対策をとることで少しでも進行を遅らせることが出来ます。放置してしまうと認知症のリスクも高まるので、老眼鏡を使ったり、適度に目を休ませるように気を付けましょう。

もっと見る

初期の段階での対応が大切

目元を触る女性

こんな症状が出たら要注意

多くの人は40歳と過ぎたあたりから、老眼が始まると言われていますが、老眼にも初期症状というものがあります。眼のピントが合わない、近くの小さい字を読む事ができない、などが初期症状の代表格です。特に、新聞を読んだり読書をする時に目からの距離が30cm以上離れているようであれば、既に老眼が始まっていると考えて良いでしょう。その他、夕方や夜間になると見えにくくなる、字を書く時に大きな字を書くようになってきた、などの初期症状もあります。また、老眼の初期症状として比較的見落としやすいのが、長時間の運転後に物が見えにくくなる、眼の疲れや肩こり頭痛といった症状が、実は老眼の初期症状の事もあります。どちらにしても老眼は初期段階のうちに対応をする事がその後の生活を良くするポイントになります。基本的に誰でも年齢を重ねていけば老眼は進行をして、ある程度の年齢になると進行が止まるものです。特別特効薬のような物があるわけではないので、治療を行う訳ではありません。しかし、放置をしてしまうと、肩こりや頭痛はひどくなる傾向がありますし、吐き気や身体の多くの部分で不調を訴えるような症状が出るようになってきます。従って、初期症状が出るようであれば、早めの段階で眼科で診察を受けて対応をする事が必要になってきます。また、これらの症状は他の疾患からくる症状の事もありますので、早い段階で医療機関の診察を受けるようにする事が最も良い対応だといえます。

初期症状のうちに対処する

男性

老眼の初期症状は小さい文字が見えにくくといったものがあります。また、よく見ようとして眼精疲労、頭痛の症状が起こる場合もあるのです。初期症状で眼の筋肉の衰えを防いだり血流を良くする眼球運動や、栄養が重要となります。処方は自分の目的に合った方法を行うようにしましょう。

もっと見る

目の老化現象を検証

目元

老眼の初期症状が現れてくるのが、主に40代以降の世代です。老眼は1つの老化現象であり、疲労や食生活の乱れなども原因となります。初期症状を感じた段階で、対策を講じることは、症状を悪化させないためにも重要です。

もっと見る

To Top