老眼を進行させない為に|初期症状をしっかりチェック

文字が見づらくなったら

眼鏡

その症状放置しないで

最近文字が見にくくなったな、なんて思っている方。近くだと見にくいけど、少し距離をとると見やすくなるという場合は老眼の初期症状の可能性が高いです。個人差はありますが、遅かれ早かれみんな老眼になります。早いと40歳前後からといわれていましたが、最近ではスマホなどの普及によって子供や30代の若い人なども老眼と同じような症状に見舞われる人も増えてきました。老眼の初期症状で主な物は、近くの物を見ようとするとピントが合わないけど、遠くのものはよく見える、明るい所では普通に物が見えるが、薄暗いと見にくい、目がかすむ、眼精疲労などがあります。老眼が起こる原因は、水晶体というピントを調整する組織が加齢によって衰えるからです。また長時間スマホやパソコン、テレビなどを見て目を酷使することで負担がかかり衰えることもあります。現在は、老眼も予防ができるので老眼の初期症状かも、と思った場合には予防をして悪化させないことが大切です。老眼を止めることは出来ませんが、放置してしまうと悪化して眼精疲労が原因の頭痛や肩こり、さらには認知症のリスクも高まるといわれているのです。そうしないためには、目を適度に休めて緊張をほぐすこと、カシスやブルーベリーなど目にいいといわれるアントシアニンを含む食品をとることも大切です。また、初期症状が出た時点で老眼鏡を付けるなどの対策をすることも大切です。最近ではコンタクトの老眼鏡もあるので、こっそり利用することも可能です。

To Top